読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるが先生スタイル

学校の先生ってどんな仕事してるのか伝えられたらいいなって思います。

初任者に読んでほしい雑誌:教育技術

書籍紹介 教員 仕事

 そろそろ2月も終わり、3月になろうとしています。学校では卒業に向けて、動き出しているのではないでしょうか。

 ブログもそろそろ1か月経とうとしていますが、読者になってくださる方がいて、大変嬉しいです。私が他のブログの読者になったり、☆を使ってみたりしたいのですが、そのやり方がよく分かっていないので、これから学びます!

 

 さて、話は戻りますが、この時期の6年生担任だと卒業式の準備、抄本、卒業アルバムなど様々なことに追われているはずです。また、6年生に限らず、担任は通知表の所見を書き始めている頃ですね。

 この所見が大変でして、どんなことを書こうかなと、どの担任も悩むことが多いです。そんな時に役立つのがこの雑誌です。

  

 きっと、教育技術はどの教員も知っていると思います。とりあえず、これは小一、二、五ですが、全学年分の教育技術が販売されています。私も今までに一度だけ買ったことがあります。

 表紙を見ると分かるように、この時期だとどの学年でも所見の文例が載っています。どんなこと書くか悩んでいた時には、とてもありがたかったです。

 

 また、この時期意外にもその月毎に特集があり、運動会であったり、保護者会であったりと時期ごとの行事について勉強できると思います。運動会のダンスDVDは結構良かったですね。

 ちなみに、私は4年目になりましたが、昨年度と今年度は1度も読んでいません(笑

 少しずつ自分のやり方が見つかったり、自分がやりたいことがあったりすると、あまり読まなくなってしまいます。

 ぜひ、初任者や2年目の教員におすすめします!