読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるが先生スタイル

学校の先生ってどんな仕事してるのか伝えられたらいいなって思います。

PTAって必要?不必要?

学校 保護者

 新年度が始まって最初の保護者会でPTA役員を決めます。この役員決め、さながらお通夜です。どの保護者も顔を伏せ、「誰かやってよ・・・」と念じている光景は見るに堪えません。

 どの保護者もやりたくないことなんて教師側だって100も承知です。ゆえに手を挙げて「私やります!」と言ってくれたお母さんは、民衆を導く自由の女神、砂漠に咲いた一輪の花、地上に舞い降りた天使のようです。

 

 今日はやる人の少ないPTAについて考えます。

 

PTAって?

 日本におけるPTA(ピーティーエー、英語: Parent-Teacher Association)とは、各学校で組織された、保護者と教職員による社会教育関係団体のことである。任意加入の団体であり、結成や加入を義務付ける法的根拠は無く、全ての児童生徒のためのボランティア活動というのが本来のあり方である。

WikipediaではPTAについて上記のように述べられています。子どものために働くボランティアであることが強いんですね。

学校によって仕事内容は異なりますが、次のような仕事があります。

・行事の手伝い(誘導など)

・PTA行事の企画運営

・学年レクリエーション

・校外パトロール

・保護者対象の勉強会の企画運営

・広報誌の作成

・地域の町会との関わり

・卒業関係行事に向けて(6年生保護者)

・次期役員の指名     etc...

   大まかにこのような仕事でしょうか。細かく見たら、まだまだあります!

 

PTAの必要性

 PTAがなくなったら、どうなるのでしょうか?

・運動会等の行事の度に起こる激しい場所取り戦争

 ・イベントが少なくなり悲しむ子どもたち

 ・パトロールという抑止力がなくなり安全が脅かされる

 ・地域との関わりが少なくなり、子どもと地域の接点が減る

 など、PTAの活動は子どもたちに対してメリットのある大切な役割をもつと思います。

 

PTAのメリット 

  大切な役割をもつと分かっていても、積極的に立候補するのが少ない理由は、PTAのメリットを感じないからだと思います。なので「他の人がやれば・・・」ってなるのではないでしょうか。以前、PTA役員のお母さんから次のように話をされました。

 

「正直PTAは大変です。私も働いているのに、やることが多いです。でも、私が企画したことで楽しんでいる息子を見ると、やってよかったなって思えます。それに、困った時にはすぐ先生に相談できます。家庭と学校の連携、PTAって悪くないですね。」

 

 私の母もPTA役員でしたが、同じことを言っていました。先生に近いってそれだけでメリットですよね。子どもを育てるために両者の連携って大切だと思います。

 

教師から見てPTAって?

  PTAは大切だと思いますが、必要か不必要かと問われれば、どちらでもよいと私は答えます。

 もちろんやってくれるなら、とてもありがたいです。子どもを育てるためには必要だと思います。一方で、仕方なくやっているというマイナスの気持ちがあるなら、PTAは不必要だと思います。マイナスの気持ちでやってることが、子どもにとってプラスになるとは思いません。

 例えば、卒業感謝の会。学校によって名前が違うかと思いますが、保護者主催で、子どもと保護者が、異動した先生や今の先生を呼び、感謝を伝えます。その中心となるのが、6年生の保護者から選ばれたメンバーです。これもやっぱりなる人が少ないです。

 この行事は感謝を伝える行事です。その行事の実行メンバーになる人がいないのであれば、感謝の会はしなくていいと教師側は思います。現に私は当時一緒に6年生を担任をした先生と保護者の前で言いました。「毎年恒例だから・・・」とやるくらいなら、本当の感謝ではありません。

 

 私からしたらPTAは、もちろんあればいいけど、あってもなくてもいいと思うのです。

 

 

まとめ

 PTAについて考えたことを書きました。

 私自身PTAという組織の活動で子どもの生き生きした姿を見たので、できたら続けばいいですか、今の時代「PTAは必要ない」と考えてる保護者も多いので、一度廃止するのも方法だと考えます。「やっぱり必要だ」と考えれば、復活するはずですからね。

 

 

 ただ、PTAの新年会で招かれた町内会長や元PTA会長がテンション高々に過去の話を延々とするのは、何にも面白くないので、今すぐにもやめてほしいです。